不動産業界で持っていると有効な資格について

不動産業界で活躍する際に持っていると非常に有効な資格があります。当然のことながら取得が難しいとされている資格をもっているといい条件で仕事をしていくことが可能になります。例えば以下の資格はかなり苦労があるかもしれませんが取得しておいて損はないでしょう。不動産鑑定士:不動産の適正な価値を総合的な観点から決めることができる国家資格です。建築士:建築物の工事及び設計の管理を執り行う国家資格です。一級建築士の資格を持っていると業界において非常に重要な役割を担うことができるようになります。土地家屋調査士:土地や建物の登記を行う国家資格です。(不動産鑑定士の場合には価値を決めるのが仕事ですが、土地家屋調査士は建物や土地の実勢に合わせて登記を行うことが仕事になります)コンクリート診断士:建物に使われているコンクリートの劣化状態を診断する民間資格です。コンクリートについての診断結果によってはコンクリートの補強・修繕が必要な場合も出てきます。